2020年といえば?と言われると、ほぼ9割の方が

「東京オリンピック!」と答えられます(*'▽')

確かに正解なのですが、建築をお考えの方からは

ちょっと違う答えが返ってきます。

 

 

それは・・・

 

 

省エネ基準義務化です!

 

 

省エネと聞くと、電化製品やエコカーなどを

思い浮かべる方が多いのではないでしょうか('ω')

エアコンの電気代はどれだけかかるだろうかや

車を買う時には、車の燃費は必ず見ますよね。

でも「家の燃費」を気にする方はあまりいません。

 

 

実はこれまでにも昭和55年に省エネ法が施行され

平成4年・平成11年・平成25年と

省エネルギー基準が改正されてきています。

しかし、これまでの基準は「努力目標」という

位置づけでした。

販売活動において省エネ性能で差別化を図る

という点ではメリットになりますが

コストアップしてしまうとその時点で選択肢から

外れてしまうという危機感もあり

住宅メーカーでは「家自体の省エネ」には

あまり注力してきませんでした。

 

 

国のエネルギー政策の基本的な方向性を示した

「エネルギー基本計画」には省エネ強化策として

以下の事項が盛り込まれています。

 

2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化する。

◇より高い省エネルギー性能を有する低炭素認定建築物の普及促進を図る。
◇2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※ハウスメーカー、工務店等が施工する新築戸建住宅の過半数がZEHとなること。

 

 

今後、省エネ基準義務化にともない

質の良い家を長く利用し

環境やエネルギー問題へ配慮した

家づくりが主流となってきます。

 

 

まだ2018年だから気にしなくていいかな

と思っている方もいらっしゃると思いますが

将来的に、新基準に満たない建物は

資産価値が減ってしまう可能性があります( ;∀;)

せっかく住宅ローンを組んで建てたマイホームが

数年で資産価値が激減・・・なんてことに

ならないよう気を付けておきましょう!

 

 

ネストではすでに2020年の新基準に

適合した住宅供給を行っておりますので

ご質問などありましたら

お気軽にお声がけ下さい(^^)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

湘南外張り断熱の家ネスト

湘南平塚の不動産はネスト

twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM